消費者金融に対する銀行の利率と融資詳細

キャッシングベスト3

銀行の利率って消費者金融より低いの?融資を受けるには?

銀行と消費者金融、どちらもお金の借入が可能ですが、利用者にとってどう違いがあるのか、身近な存在でなければ分かりませんよね。銀行でお金を借りるのは企業、消費者金融は個人向け、という認識をもつ方も少なくないでしょう。では、具体的にどういう違いがあるのか見てみましょう。

まず、消費者金融についてですが、これは確かに大手をはじめとして基本的には個人向けの融資を生業としています。なかには事業性資金を扱っているところもありますが、個人的な生活費や娯楽費の借入が前提です。金利は銀行に比べると高いですし、総量規制といって年収の3分の1までしか借入ができないという法律に縛られますが、審査は比較的やさしく、安定した収入があればパートやアルバイトの方でも通りやすいと言えます。

対する銀行でも個人向けの融資は可能です。事業性資金は勿論、一般にもお金は貸してもらえます。ただ、銀行によって様々なプランがあり、個人向けとはいえそれによって条件が異なったり、その銀行のクレジットカードを開設しなければ借りられない場合もありますので、注意が必要です。また、住宅ローンや自動車ローンなど、高額ローンを組む機会もあるでしょう。

特徴としては金利が安く、バックアップがしっかりしているのが魅力で、審査が厳しいのが難点です。特に事業性資金となれば、今後の事業計画まで提示を求められることもあります。不安であれば銀行が運営している所謂「銀行系」の消費者金融も存在しますから、検討してみて下さい。

ですが、銀行が最も重視しているのは「貸したお金がきちんと返ってくるか」ということです。現在の自分の立場を明確に説明し、返済の意志を示すことができれば、不可能なことではないでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【借りてください】審査がゆるい!?カードローン会社紹介! All Rights Reserved.